【得意分野アフィリエイト】サイトとして作れるテーマを選ぶ

私個人が実施している、初心者にもお勧めの「得意分野アフィリエイト」。
前回の「自分の得意分野を探してみよう」では、得意分野としてのテーマ探しを
自己分析も兼ねた調査方法で探してみました。

得意分野アフィリエイトの場合、ある程度記事を製作し、公開していくことが必要です。
そのため、実際のテーマを決める際にも、いくつかのポイントを抑えたテーマで始めると
最初でもうまくいきやすいサイトを作っていくことができます。

今回は前回紹介した分析方法を使って生み出したテーマの種から
どのテーマを実際にサイトのテーマとして採用するべきか。

得意分野アフィリエイトの最終目標も紹介しながら、
2つのポイントを紹介したいと思います。

得意分野アフィリエイトは継続し安定させることが目標


得意分野アフィリエイトは自分の得意分野をテーマにした
コンテンツを発信していくサイトを作成します。

得意分野をネタに継続して情報を発信していくと、
同じ分野に興味ある人が固定客として付くことが多く、
様々な角度から検索エンジンで集客を行うことも可能になります。

短期的に稼いでいくことは難しいアフィリエイト手法ですが、
収益が出だすと、収益が下がることが少なく、長期的に安定して
稼いでいくことができる資産的なサイトを構築することができます。

そのため、副業や趣味感覚でやっていくのにも向いていますし、
どんどんと趣味サイトを作っていけば、その分稼ぎを稼ぎを上乗せしていくことも狙えます。

継続して記事を書けるテーマを選ぶ2つのポイント


初心者の人に意識して欲しいのは、あまり複雑に考えずに
まずは「記事を書けるテーマ」を選ぶことです。

得意分野アフィリエイトの場合は、アフィリエイト最初の壁である
「1円を稼ぐ」が非常に突破しやすいアフィリエイト手法です。

まずはあまり深く考えずに、「記事を書けるテーマ」を充填に
テーマ選定を煮詰めていくと思います。

とはいえ、実際にサイトを見てもらうためには、役立つ記事、
楽しんでもらう記事を作成することが重要です。

そんな記事が書ける可能性があるテーマをテーマから探し出すには、
以下2つのポイントがあるものを選びましょう。

楽しかった記憶として残っている得意分野


まず1つ目のポイントは、楽しかった記憶として残っている得意分野です。

前回の分析でも、「今思い出しても楽しい記憶のもの」に
マークを付けてもらいました。

得意分野アフィリエイトの記事作成では、知識だけではなく経験を元にした
記事もネタとして使用することが出来ます。

そういった記事は気持ちが自然と文章に出ることも多くなります。
得意分野アフィリエイトでは趣味で調べ物をしている人がターゲットに
なることも多いため、比較的明るい文章や手助けするようなのほうが
読まれる傾向にあります。

今思い出しても楽しい記憶のものと感じているのであれば、
いいこと、悪いことあったにせよ、皆さんどちらも含めても楽しかったと
思っている記憶なんだと思います。

ポジティブで明るい記事を書くためにも、
自分自身が明るい気持ちで書けるものを選んであげると
記事にもうまく反映していきやすくなります。

記憶している出来事が多い得意分野


もう一つは、記憶している出来事が多い得意分野です。

例えば、その得意分野をやっていた時に勉強したこと、
少しわかりにくかったと感じたこと、参加したイベント、
嬉しかった瞬間など。

とにかくその分野について、少しでも体感的な記憶があるものが
あると実際に作業を始めやすくなります。

体感的な記憶は、そのままの切り口で記事として掲載を
していくことができる可能性があります。

例えば、少しわかりにくくて調べた記憶がある場合なんかは、
そのまま「なぜ調べて、どういう意味だったのか?」ということを記事にすれば、
問題解決記事にしていくこともできます。

また、つまづいたポイントなどで同じ得意分野の人と共感を生むポイントにも
なる可能性がありますし、ほかサイトとの差別化にも繋がります。

この2つのポイントを抑えているテーマの種を本テーマとして採用することができれば、
実際にサイトとして作成を始めても、読んでもらえるような記事をスムーズに
作成していくことができます。

まとめ


得意分野アフィリエイトは長期的に安定して稼いでいくことが
できる資産的なサイトの作成を目指していきます。

そのため、継続して情報を発信できるテーマが重要です。
特に「楽しかった記憶として残っている得意分野」「記憶しているできごとが多い得意分野」
を選んであげると掲載できる記事や共感を生める文章が自然と出しやすくなるため、
初心者でも記事を作成しやすく、かつ自然と読んでもらえる記事を作成しやすいため、
アフィリエイトに取り組みやすいと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ